鍵紛失をしてしまった時はすぐに鍵業者を利用しよう

人形と木の家

防犯対策をしよう

ガイダンス

玄関のドアは、お家に出入りするために必要不可欠な場所です。それと同時に泥棒がお家の中に侵入する際の入り口でもあります。その他にも勝手口のドアも、空き巣などの泥棒が侵入する際に使われます。福岡で空き巣被害にあった人の多くが玄関や勝手口からの侵入であると言われています。しっかり鍵を欠けていてもピッキングされて鍵を開けられてしまうこともあります。ですから、福岡に住んでいる人も、玄関や勝手口のドアの鍵に工夫をして、防犯対策を行うことが重要です。玄関などの防犯対策を高める為には、1つのドアにつき2つの鍵をつけると良いとされています。泥棒は、家に侵入するまでに時間をかかるのを嫌がります。時間がかかってしまうと、人に見つかる可能性が高くなるからです。ですから、玄関に鍵を2つ付けておくことで、ピッキング時間が掛かるのでターゲットにされにくくなるのです。

福岡にある一般的なお家には、鍵が1つだけの場合が多いです。特に築年の長いマンションやアパートなどは、鍵が1つしか付けられていません。ですから、鍵を増やして防犯対策をしましょう。鍵を増やすというと、ドアごと取り替える必要があるのか不安に思う人も多くいますが、今は簡単に増やすことが可能です。ドアなどに穴を開けなくても簡単に取り付けることが出来る鍵もあります。最近では、ドアロックをすることが出来る電子錠もあります。電子錠では、カードタイプとタッチキータイプのものがあります。電子錠は、暗証番号や専用のカードを使うので通常の鍵タイプの物よりも防犯性が高くなります。ですから、より高い防犯対策を考えている人はこういったタイプの鍵に変えてみると良いでしょう。こういった鍵などは福岡でも購入することが可能です